初心者でもできるWordPressソフトを使ったランディングページ(LP)の作り方

 

この記事ではランディングページを作成していくにおいて、初心者でも簡単に作る事ができる方法を公開していこうと思っています。

ランディングページの作り方においては2方向の方面から捉えられると思います。

1つ目はランディングページそのものをどのように作成していけば良いのか?そして、2つ目がランディングページの中身をどのように書いていけば良いのか?という中身の部分の作り方についてです。

この記事ではこの2つの方向性からランディングページの作り方についての解決案を提示していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

ランディングページそのものを作成する3つの方法

 

ランディングページを作成する為には大きく分けて3つの方法があります。

 

  1. 自分で自作する
  2. テンプレートを利用して作る
  3. プロのデザイナーに外注して作成する

 

この3つになります。

それぞれ特徴やメリット、デメリットを詳しくお伝えしていきます。

 

 

自分で自作する

 

まずはランディングページのデザインやサイトの構成を1から自作していく方法になります。

HTMLやCSSと言ったサイトそのものをコードから書いていきデザインしていきます。

ただ、これにはAdobeソフトなどを利用したデザイン作成のスキルとそのデザインをサイトの形に書き換えるコーディングのスキルが要求される事になります。

私も昔これらのスキルを少しかじった事がありますが、かなり難しいスキルが必要になります。

特にデザインに関しては思ったような表現ができずに、安っぽい感じのデザインになってしまいます。

もし、今あなたがデザインのスキルを高レベルでコーディング出来ない限り、この方法は好ましくないでしょう。

それに、高度なデザインスキルがあるからと言って、ビジネスで結果が出せる事に直接的な関係性はあまりありません

(稼ぐスキルはまた別という意味)

今からデザインスキルを身につけていく期間が機会損失になりますし、付け焼き刃のスキルではプロに太刀打ちする事が出来ないので好ましい選択肢とは言えないでしょう。

 

 

テンプレートを利用して作る

 

次はテンプレートを利用してランディングページを作成する方法になります。

こちらは自作するという点では変わりありませんがテンプレートを利用していくとプロ並みのデザイン性のあるランディングページを簡単に作成する事ができます

その理由はテンプレートにすでにデザインが施されているからです。

既にデザインが施されていて操作性も簡単でなおかつ複数のランディングページを作るにおいてもこちらの方法は優れています。

また、コスパ(労力や資金面など)においても良いので私はこの方法でランディングページを作成していく事を推奨しております。

ちなみにこちらの方法でランディングページを作る方法についてはこちらの記事を参照すると良いでしょう。

 

→  colorful(カラフル)LP作成ソフトのレビュー

 

 

プロのデザイナーに外注して作成する

 

最後はプロのデザイナーさんに仕事を依頼して作成してもらう方法になります。

こちらがランディングページのデザインから質まで最もクオリティーのあるランディングページを作成する事が可能になる方法だと思います。

しかし、料金は最も高くその分の費用対効果を出せるようになるまではあまり推奨する事は出来ません。

それにランディングページは一度作成したら終わりではなく、何度も繰り返し修正を加えていく必要性があります。

時代とともに反応率もどんどんと低下していくものなので、それに合わせて修正もしていく必要があります。

それにも関わらず、ランディングページのデザインを外注に出してしまうと、修正の度に仕事を依頼する事になり、その度にコストが発生してきます。

また、外注さんに仕事を指示するスキルや仕事が出来上がるまでのスピード感など問題は他にも生じてくるものです。

また、ランディングページに関する知識が無い状態だと、デザインを上手く仕上げるための指示も出来ませんし、満足いくデザインが上がってこない時の対処も上手く出来ません。

なので、こちらの方法を利用するのであれば、一度テンプレートにてランディングページを作り、ある程度の数字が取れるようになった後にそのページを綺麗にデザインしてもらうという順序を踏むと良いでしょう。

 

 

1番オススメできるランディングページ作成方法は?

 

先ほどもお伝えしたように、スキル面、料金面、労力、操作性、機動力の速さなど総合的な部分から捉えていくと、テンプレートを利用してランディングページを自作する事が最も良い選択肢だと思います。

あなたが既に大きな資金を動かせ体力が十分にある状態だとしたらその限りではありませんが、初心者さんから中級者にかけてはテンプレートを利用して行う方が最も良い選択肢でしょう。

また、テンプレートと言っても今は色んなテンプレートがあります。

テンプレートを使う一番のデメリットをあげるとすれば、デザイン性がみんな似たような形になってしまう事でしょう。

なので、テンプレートを使い、なおかつオリジナリティーのあるデザインも追求でき、簡単な操作性で機能も十分に満たしている

そんなテンプレートを使っていくのが大切です。

私が知る限りでは1つだけ痒いところに手が届く、そんなオススメのテンプレートがありますので、もし、あなたがコスパよくお手軽にランディングページを作る方法を探しているのであればこちらのページをご参照下さい。

 

→ colorful(カラフル)LP作成ソフトのレビュー

 

 

 

WordPressを使って作れるおすすめのテンプレート

 

ちなみに私が推奨しているテンプレートはWordPressのブログサービスを利用し作成していく事が可能です。

もし、あなたが既にドメインを所持しているならばサブドメインにてランディングページ用のWordPressを立ち上げ、そこにテンプレートをインストールすると良いでしょう。

そうする事で他にコストをかけずにどんどんランディングページを作れるようになります

ランディングページを作成する操作においてもブログを構築していく方法とほとんど同じなので、全く難しくなく作る事が出来るでしょう。

 

 

 

ランディングページ(LP)の基本構成や具体的な書き方

 

ここまでランディングページそのものを作る方法について解説してきました。

後はランディングページを作った後にランディングページの内容をどう作っていくか?

ここが問題になってきます。

ランディングページの具体的な書き方については以下のページにて詳しく解説しておりますので、こちらを参照し作成に取り掛かってみてください。

→  ランディングページの具体的な書き方

 

 

 

 

 

 

▲トップへ戻る