クリック解析ツール(短縮URL)を使うべき理由と使い方

 

相手の顔や行動が見えないインターネットを使った商売において結果の良し悪しを判断する唯一の方法は「数字」のみです。

その一つとしてクリック数を測定する方法があります。

クリック解析を行う事ができ同時に短縮URLも生成する事ができる方法をお伝えしますので、クリック解析がなぜ必要なのか?そのあたりの解説と同時に実際の使い方まで解説していきます。

 

 

 

なぜクリック解析ツールが必要なのか?

 

「実店舗」の商売ですとお客さんの会話や表情などからお店や商品に対しての反応を見る事ができますがインターネットの商売では相手の表情から反応を確認する事ができません。

なので、サービスを提供した際に顧客側からの顧客満足度を確認する事ができません。

これがインターネットにおけるデメリットと言えるでしょう。

しかしインターネットにはインターネットならではのメリットもあります。

それはすべてのデータを数字で表せるという点です。

 

  • アクセス数
  • クリック数
  • 成約率
  • 広告費
  • 売上

 

すべて数字から判別する事ができるのがこのインターネットビジネスの利点なのです。

逆を言えばこの「数字」以外の部分はあてにならないと言い換える事もできます。

すべてのデータが数字で表されるからこそ、数字ありきの考え方ができ、数字が高く現れた方法こそが正しいとすべて数字に沿って事業展開する事でうまくいく確率を高めていく事が可能になります。

例えば「成約されない理由」これ1つを考えてみても「クリックされて成約に結び付かないのか?」「クリックされていなくて成約に結び付かないのか?」成約されない原因は上記の2つの例では全く違います。

もちろん修正する方向性も違うのでクリックを図らなければ確実にビジネスを良い方向に導けない事になってしまいます。

自分の主観や勘という何の確証もない根拠でビジネスをするのか?それとも具体的な数値を算出しそのデータに基づいてビジネスを作るのか?どちらが成果に繋げられるかはもうあなたなら答えは明白ですよね?こういった理由から必ずクリック解説ツールは用意しましょう。

私が推奨しているクリック解析ツールは以下のクリック解析ツールです。

⇒ 推奨クリック解析ツール

 

 

 

クリック解析ツールは何でも使えば良いものではない

 

クリック解析ツールには無料で提供されているモノや、格安で提供されているモノなど様々なサービスがありますし、自分のサーバーに設置するタイプやサーバーが必要ないものなどタイプもまちまちであります。

それぞれメリット、デメリットがありますが、何より安定感を持ってビジネスを進めるのが何よりも重要な事だと私は考えています。

 

 

無料のクリック解析ツールのメリットとデメリット

 

まず、無料のクリック解析ツールのメリットは何と言っても無料という金額面です。

逆にデメリットは設定したURLへ正しくアクセスが飛ばないケースが多々見られます。

そして、サービス提供側のサーバーなどを借りてたんしゅくURLを生成するので、提供者側の不具合いでシステムのエラーが生じる可能性は大いにあります。

中にはURLがクリックされているのに、正しい飛び先URLに全く飛んでいないというサービスも聞いたことがあるので、このデメリットはあまりにも大きいリスクだと思います。

 

 

独自サーバー設置型のメリットとデメリット

 

次は独自サーバーに設置するタイプと他社サーバーに設置したものを借りるタイプのクリック解析についてのメリットとデメリットを解説します。

独自サーバー設置タイプにおけるデメリットは独自のサーバーに設置するのが少し難しいというのが欠点と言えるでしょう。

ただし、自分のサーバーへ設置するので、他者に依存される事なく、最も安定性が高い方法と言えます。

逆に他社サーバーを借りる場合は、はやり第三者に左右される部分がありますので、その分のリスク回避はできません。

 

 

 

このクリック解析ならではの機能

 

私が推奨しているクリック解析ツールを使えば、クリック回数を解析する事がもちろん、飛び先URLを1つのURLで分散して飛ばす事ができます。

これの何が良いのかと言うと「テスト」にもってこいなのです。

例えばランディングページ(LP)を5つくらい作成し、それぞれ均等に分散するように設定しておくだけで、5枚のLPへ平均的に分散してアクセスを流す事ができます。

つまり、その中で一番反応の良いLPを浮き彫りにする事ができるので、テストがかなり楽になります。

もちろん、メルマガやブログなど様々なところにもクリック解析を利用する事ができますし、応用範囲はかなり幅広いものがあります。

 

⇒ 推奨クリック解析ツール

 

 

 

クリック解析ツールの設置方法

 

ここからは独自サーバー設置タイプの欠点である使い方について詳しく解説していきます。

少し難しいですが、以下の通りに実行する事で問題なく使えるようになります。

 

【クリック解析ツールをダウンロードし本体ファイルを開きます。】

 

 

 

【「traking」のファイルがあるのでそちらをクリック】

 

 

 

 

【「traking」にあるファイルをサーバーにアップロードします。

エックスサーバーの場合はすべて「public_html」の中にファイルをアップします

※「public_html」をクリック】

 

 

 

 

【「public_html」をクリックしたらサーバーに新しくフォルダーを作成します。

ここでは「test」というファイル名にします。】

 

 

 

 

【先程のtrakingのファイルの中身をサーバーへアップ】

 

 

 

 

【以下の赤枠をクリックして上の階層へ戻り「htaccess」をクリック】

 

 

 

 

【「htacceaa_xserver」をクリック】

 

 

 

 

【「.htacceaa」をアップロード】

 

 

 

 

ひとまずここまでできればサーバーへのアップロードは完了です!

次にクリック解析ツールをセットアップしていきます。

 

セットアップしていくには先ほどサーバーへアップしたURLにアクセスします。

 

アクセスするURLは

【ドメイン名/ファイルをアップロードしたフォルダ名/setup.php】

です。

 

すると以下のような画面が表示されます。

 

 

 

あとはそれぞれの項目を入力していくだけです。

 

 

【ドメイン名】

あなたが契約したドメイン名を入力

 

【設置ディレクトリ】

先程ファイルをアップロードしたフォルダ

(ここでは「test」が設置ディレクトリ)

 

 

【データベースサーバー】

1.サーバーにログインしMySQL設定をクリック

 

 

 

2.一番下の赤枠の部分がデータベースサーバーです

 

 

【データーベース名】

 

1.サーバーにログイン

 

 

 

2.MySQLの追加をクリック

 

 

 

 

3.赤枠に何でも良いので入力し「MySQLの追加(確定)」をクリック

 

 

 

 

4.下の赤枠で囲った部分が「データベースサーバー」です。

 

 

最後に「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリックし確定しておきましょう。

 

 

 

 

【データベースID】

 

1.「MySQLユーザーの追加」をクリック

 

 

 

 

2.以下の画像の通りに入力

 

 

MySQLユーザーIDに記入したものが【データベースID】です。

パスワードに記入したのが【データベースPASS】です。

 

 

 

【管理ログインID】

 

任意のIDを記入

※後ほどクリック解析ツールへログインする際に使用します

 

 

【管理ログインPASS】

 

任意のIDを記入

※後ほどクリック解析ツールへログインする際に使用します

 

 

これですべて埋まったはずです。

 

 

最後に【セットアップ開始】をクリックしましょう。

 

 

 

 

クリック解析ツールの使い方

 

ログインページにログインしましょう。

 

ログインページURLは

【ドメイン名/アップロードしたフォルダ名/user/login.php】

がログインページになります。

 

 

先ほど任意で指定した【ID】と【パスワード】を入力しましょう。

 

 

 

【グループの作成】

 

まずはグループを作成しましょう。

解析する媒体ごとにグループ分けしておくと便利です。

 

例えば

 

・ブログ

・メルマガ

・ステップメール

 

といったように扱う媒体ごとにグループ分けしておくとURLの管理がしやすくなります。

 

 

 

【管理画面トップ】をクリックし【グループの登録】をクリック

 

 

 

 

以下の画像のようにグループを作ってみましょう

 

 

 

 

 

以下のようにブログというグループができています。

ではさっそく解析できるURLを作製してみましょう。

 

【プランの管理・登録】をクリック

 

 

 

【プラン登録】をクリック

 

 

【記入する箇所は3か所】

 

A・・・管理しやすい名前(案件名など)

B・・・変換したいURL(半角英数で)

C・・・飛ばしたいリンク先(アフィリエイトリンクなど)

 

 

 

分かりやすく私のこのブログのURLを解析したい場合

 

 

【プラン名】・・・わかりやすいように「akihiro公式ブログ」と表記

【アクセスディレクトリ】・・・わかりやすく「ak」

【分散URL】・・・私のブログのURL

 

を入力すればOKという事になる。

 

 

入力したら【登録】⇒【送信】をすれば完了です。

【プランの管理】から解析できるURLが出来上がっています。

 

 

上の赤枠がクリックを解析する事ができるURLになります。

 

 

あとは【アクセス分散状況】から

クリックが解析されれば回数が自動的に換算されるようになります。

 

 

 

以上がクリック解析ツールの使い方になります。

 

 

一見地道な作業のように感じるかもしれませんが

こういった地道な作業の積み重ねで安定して稼げる様になるので

クリックはきっちり図るようにしましょう。

 

⇒ 推奨クリック解析ツール

 

 

 

 

 

 

▲トップへ戻る