インターネットを使った失敗しずらいオススメな副業の始め方

 

この記事にたどり着いたあなたはおそらく「インターネットを使った方法で給料以外に収入の柱を増やしたい」と考えている事でしょう。

今の時代は昔と違い何か調べごとをしたいと思えばすぐに検索エンジンで調べる事ができ、便利な時代になりました。

しかし、それ故に情報に触れる機会が増える事で、迷いやすい時代とも言えるかと思います。

あなたも多くのことを調べ、情報を取り入れているが、「何が正しい情報なのか?」「自分に合ったベストな方法はないだろうか?」「理論は分かるが具体的に稼ぐ為に今やるべき事は何なのか?」この辺りが問題になっているかも知れません。

ここではあなたにあった副業の方法を見つけて頂き、具体的に動いていくための行動タスクを決める段階まで明確にして頂ける様に情報を公開していこうかと思いますのでぜひ、参考にしてみて下さい。

 

 

 

今後、インターネットを使った副業はどんどん伸びる

 

さて、もしかしたらあなたが見た情報の中に「今のインターネットビジネスは既に飽和状態である」という情報を見たことがある人もいるかも知れません。

しかし、実際のところは逆でインターネットそのものの普及に伴い市場はだんだん大きくなってきています。

さらに、社会的な動きや政治を見ても、働き方改革が推進され、残業カット、副業を許可する会社も増加してきています。

この動きからも今後はインターネットを使った副業の需要はどんどん増え、それにちなんだ環境も整ってくるでしょう。

だからこそ、今この段階で給料以外の収入を増やす事に目を向ける事は重要な事で今市場が伸びているこの段階で需要の一部を取りに行った方が良いと思います。

さらに働き方改革の裏の背景を読み取っていくと、この改革はいわばサラリーマンや従業員としての収入を増やす手段をカットされているとも言えると私は判断しています。

残業がカットされ、唯一の収入を増やす手段をカットされるという事は、給料は体感的に少し減り、その代わり残業に費やしていた時間が少し余る事を意味しています。

「もし、収入が減り、生活的に厳しい状況に追い込まれるのであれば余った時間を他の部分で補ってください」とも捉えられはしないだろうか?つまり、今後の未来の為に今取るべき行動の選択が問われている時代だという事です。

 

 

 

 

ほとんどの人がネットビジネスで失敗する本当の理由

 

今の間に副業に取り組んでいく重要性は理解出来た方は多いと思います。

実際のところ、インターネット市場は参入者が増え、収入を伸ばしている方も増えてきているは事実です。

しかし、一方で思ったように収入が増えていかない実践者が多いのもまた事実です。

その両者の違いとは一体何なのか?まずはそこから解き明かしていきましょう。

 

 

 

目的が決まっていない

 

まず、大前提として上手くいかない人ほどゴールを設定していない人が多いです

あなたがインターネットビジネスに求めるものは何なのか?何のためにビジネスを実践する必要があるのか?明確になっているでしょうか?もし、ここが決まっていないのだとしたら、まずは目的から決めていきましょう

この目的はひとまず金額的な所でも構いませんので、数字を立ててみて下さい。

例えば「半年後までに毎月月収10万円稼ぐ」とか「1年後に月収100万円を目指す」とか、具体的な数字を立てると好ましいです。

何故、最初にここを決める必要があるかと言うと、目的が決まってこそ今やるべき事が決まるからです。

それに月収10万円と月収100万円では今やるべきタスクは全く違うものになります。

いわば目的が変われば今やるべきタスクも変わると言う事なのです。

逆に言うと目的がないからこそ、ベストな方法を導き出せないと言っても過言ではないでしょう。

この辺は上手くいってる人や企業ほどしっかりと決めて毎日の行動のタスクまで落とし込んでいますし、上手くいく企業が数字を疎かにすると思いますか?どれだけ小さい事業でも個人であっても全く同じ話です。

まずはあなたの目的を決めましょう。

 

 

 

物理的に達成可能なプランが立てられない

 

では、目的を立てる事が出来たらそこから1日の行動タスクを決めていきましょう。

要は逆算思考で「1日にこれをやれば目的が達成できる」という状況に持っていく事が大事です。

例えば「3ヶ月後に月収100万円を稼ぐ」という目標を立てたとしたら、いくらの商品を何人に販売する必要かあるのか?を決めますよね?仮にここでは50万円の商品を2人に販売するとしましょう。

すると、1ヶ月目は「戦力プランの構築と商品作成」2ヶ月目は「営業活動で見込み客のアポ取りに努める」3ヶ月目は「アポ取りした見込み客にセールスをしていく」と言うように目的から逆算してやるべき事を決めていきます

最終的には1ヶ月のタスクもさらに細分化して、戦略プランは2週間で行い、商品作成も2週間で行う。

さらに1週間、1日に何をやるか?という具合いで決めていけば、1日に何をやれば良いか?が明確になってきますよね?ここまで来れば、1日に決めたタスクをやれば目的が達成出来るようになります。

ちなみにこの目的やタスクの設定はその都度、見直しを図り、変更しても良いです。

むしろ、作業が思い通りに進まないことなどザラにありますので、その都度ブラッシュアップしていくものだと抑えていて下さい。

何度か繰り返していく内にこのプランニングも上手くなっていきます。

 

 

 

 

好きな事や得意な事でビジネスをやっていない

 

これも意外と盲点な部分でありますが、特にインターネットビジネスに参入する人の殆どが自分の得意な事や好きな事ではなく、ただ教えられた事をそのまま猿真似する人が多いです。

例えば、「〇〇という稼ぎ方教えます」という感じで、その方法を教え、生徒もそれをそのまま実践する。

これで終わりです。

確かに数年前までは、まだインターネットの環境が整いきっていなかったので、言われた事を愚直に行動するのが成功への一番の近道でした。

しかし、今の時代 は好きや特技を仕事に出来る時代になっています

だから、従来のやり方ならば、新しく知識やスキルを習得するまでの時間が機会損失する可能性が大いにあります

それよりも、今までやってきた事の延長線上のテーマをそのままビジネスに持ってきた方があなたが持っているリソースをすぐに最大限活かせます

実際に私のクライアント様の例で、好きな音楽を仕事にしたり、得意な英語をビジネスにしたりとこれまで積み重ねてきたモノをそのまま自分のビジネスにする事で結果を出している人が多くいます。

この業界を見回してみても「作業の継続が出来ない」という人もかなり多いです。

しかし、元を辿れば、好きでもない、得意でもない、むしろ、苦痛に感じている事をビジネスのテーマに持ってきてしまってはある意味必然な結果ではないか?と私は思います。

全く知識のないテーマを扱いビジネスをしていくには、かなりのエネルギーを使ってしまうと思いますし、リソースの無駄使いでしかありません。

 

 

 

 

あなたがネットビジネスに求める目的から逆算してみよう

 

ここから少し具体的にあなたのビジネスを進めていく手順を具体的なプランに落とし込んで見ましょう。

私がクライアント様にビジネスを教えていて思う事ですが、クライアント様によって目的はそれぞれ違います。「月収3万円程度で良いから収入を増やしたい」という人もいれば、「月収10万」「100万」はたまた「起業して億単位の金額を稼ぎたい」などニーズは様々です。

ただ、私の場合は目的が小さくても大きくても、それを目的として立て実行に移し、目的を実際に達成されていく事そのものが素晴らしい事だと考えています

なので、その人らしくその人自身が描く成功を手にする事をサポートする事を理念として掲げています

自分の得意な事や好きな事を仕事にして、あなたらしく成功を手にできればそれは幸せな事ですよね?ぜひ、具体的なプランを練って手にして下さい。

 

 

 

 

売上の法則から物理的に達成可能な方法をチョイスする

 

ちなみに、インターネットを使った売上ってどの様に成り立っているかご存知ですか?仮にどんなテーマのジャンルを扱ったとしても売上の法則は決まっています

その公式とは「売上=客数×商品単価×成約率」で決まってきます。

つまり、転売であろうがアフィリエイトであろうが自分の商品を作って販売しようが必ずこの公式で売上が成り立ってきます

実はこの公式を理解し、公式に当てはめつつ事業を進めていく事がプランニングの第一歩になります。

特にこれから始める初心者さんほど、この公式を理解せずにプランもなしに始めてしまいがちなのでまずはここを抑えてみて下さい。

これが分かると、扱う商品は何で、どの単価の商品を扱う必要があるか?その為にはどのくらいのお客様を集める必要があるか?そもそもあなたのお客様ってどんな人?など根本的な部分から明確にしていく必要性に気付けるはずです。

ここが分かった時、あなたのビジネスは一気に現実的になってきますのでこの公式は必ず覚えていて下さい。

では、少し具体的な数字を用いてプランニングしてみましょう。

月収10万円という目的があれば、そこまでたどり着く方法として、「10万円の商品を1本成約させる」「5万円の商品を2本成約させる」「2万円の商品を5本成約させる」「1万円の商品を10本成約させる」など商品の単価に合わせて成約本数が変動してきます

当たり前ですが商品単価が高い商品の方が集客してくるお客さんの数が少なくて済みます

なので、初期の段階でまだお客さんの数が少ない内は売上額を確保する為に出来るだけ高い商品単価を扱った方が難易度は低いでしょう。

もっと言うなれば30万円の商品を扱うなら3ヶ月に1本成約させられれば、月収10万円の計算にもなります。

極論を言えば120万円の商品なら年間に1本なので、商品のセールスは難しいとは言え、客数が1人で良いので難易度もかなり低くなります

まずはこの辺りから算段を立てていきましょう。

逆に月収300万円という目的を立てたとして、5000円の商品を扱っているとしたら月に600本成約する必要があり、成約率は多く見積もっても20%あれば良いぐらいでしょう。

つまり、この数字を達成する為には3000人の集客が必要になり、さらに1ヶ月目から月収300万円を達成したいなら現実的な数値戦略としてこの時点で破綻してる事がわかりますよね?この様に売上がどう成り立っているか?公式から算段していけば、そのプランが現実的に達成可能であるかどうか?を見極めていく事が出来ます。

割とこの様なプランニングをしている初心者さんも多いので、気をつける様にしましょう。

むしろこのようなプランを立ててしまっては目的が達成出来ない事は当たり前なので、プランニングで重要なのは現実的に達成可能であるかどうか?ここを見極める事です。

 

 

 

 

どんな種類のインターネットビジネスがある?

 

とりあえず数値的なプランを立てる事が出来ましたら、次にビジネスモデルを選択していきましょう。

インターネットビジネスと言えども様々なビジネスモデルがありますので、先ほど立てた数値プランからベストなビジネスモデルを選択するのが好ましいです。以下に代表的なビジネスモデルとその特徴を上げておきますので参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

アフィリエイト

インターネットビジネスの最も代表格といっても良いビジネスモデルです。最近では、アフィリエイトという言葉も珍しいものではなく、扱う商品のテーマやジャンルなども豊富にありますので非常に取っ掛かりやすくオススメなビジネスモデルになります。アフィリエイトについてはこちらの記事で解説してますのでご参照ください。

→ アフィリエイトとは?図解入りでわかりやすく解説

 

 

 

 

転売ビジネス

 

転売ビジネスを簡単に解説していくと、商品を安く仕入れ、高く販売する事で利ざやを得るビジネスモデルになります。

世間一般的な人で転売に関して偏見を持っている方も多いですが、利益を乗せて商品を販売するという事は商売の最も基本中の基本になります。

どんな有名な大手の物販会社でも行なっている事ですし、そもそも、利益を乗せないと商売になりませんからね。

例えば車の中古販売とかでも、中古車を安く仕入れて、テコ入れや車検などを通して、手間賃や車検代、手数料、人件費や経費などを加えて利益を乗せ販売していますよね?例え個人間で転売を行おうが全く同じ仕組みになります。

そもそも、市場というのは需要と供給で成り立つものなので、市場が変われば需要や供給が変動するのは当然の事なんです。

需要があれば商品価格が高くてもどんどん売れていきますし、供給が少ない商品は希少性が高まり、商品の価値もどんどん高まっていくでしょう。

そうした市場ごとのギャップを上手く使うのが転売ビジネスとも言えますね。

今はAmazonやヤフオク、メルカリなど商品を販売する為のプラットホームが整っていますし、ビジネスにて最初に躓く「集客」の部分をプラットホームが代わりに代行してくれるので、比較的初心者さんでも難易度が低いビジネスと言えるでしょう。

ただし、商品を仕入れたり、発送したりと割と労働に近いタイプのビジネスになりますので最初の内は根気よく行って見てください。

 

 

 

 

情報販売

 

情報販売というのは形のない無形の商品を販売する手法になります。

例えばPDFや音声、動画コンテンツやツールやシステムなどがそれに該当します。

情報販売の何よりのメリットは製造コストがかからない部分で、売上のほとんどが利益になってしまうので利益率がかなり高いビジネスなのです。

しかし、その分、有形商品のように「買うとどんなメリットが手に入るのか?」がわかりにくい商品でもあるので、販売していくには難しくいくつかポイントがあります。

この辺りは機会があれば別記事にて詳しくまとめ公開しようかと思います。

自分の商品として商品化する為には商品開発のスキルも必要としますが、アフィリエイトでも情報商材を扱う事はできますので、まずはアフィリエイトとして取り扱ってみるのが良い練習になると思います。

 

 

 

 

とりあえず最短で資金を作る2つの方法

 

基本的にインターネットを使ったビジネスは初期投資がほぼかかららず、数万円程度あればある程度の環境を整える事ができます。

ただ、インターネット上にあるサービスを上手く使えば、その資金すらも簡単に捻出してしまう事ができるので、ここではその方法を2つほどご紹介します。

 

 

 

不用品販売

 

読んで字のごとく自宅にある使えるが使わない不要なモノをヤフオクやAmazon、メルカリなどで販売してお金に換えてしまう方法になります。

プラットホームの使い方や感触を掴むために、一度経験しておくと使い勝手もわかり、一石二鳥でしょう。

ちなみに今はビジネスをしていない人でも、普通にメルカリなどでやり取りされていたりするので、今となってはかなり一般的な方法と言えば一般的でもあります。

少し前、電車に乗っている時に隣にいた高校生でも「メルカリで使わなくなったもの売っている」と会話していたくらいなので私自身も時代の変化を感じたものです。

上手くいけば数十万円くらいは資金を作れるかと思います。

 

 

 

 

自己アフィリエイト(セルフバック)

 

こちらはアフィリエイト案件に自ら申し込む事で自分にアフィリエイト報酬を与えるという方法になります。

「えっ!?そんな事しても良いの?」って思われた方もいるかもしれませんが、もちろん案件元から「自己アフィリエイトOK」という許可が下りた案件のみ対象となります。

ただし、少しポイントがありまして、「無料相談」や「無料お申込み」など費用の掛からない案件のみを対象として行うようにしましょう。

稀にクレジットカード新規発行などの案件で有料のモノもありますので、せっかく資金調達のために行っているのに赤字になってしまっては本末転倒です。

ちなみに私はASPのセルフバックを使って約7万5千円くらい初期資金を捻出できましたので、どうしても資金が捻出できないって方はやってみると良いかと思います。

 

 

 

ほとんどの人が知らない最近稼ぎやすい2つプラットホーム

 

今の時代、インターネットの環境はかなり整ってきているとお伝えしてきました。

その内の1つがプラットホームです。

プラットホームを使うのが何故良いのか?その理由はプラットホームそのものに人が集まっているという点です。

人が集まるという事はそこに見込み客がいるという事なので、新規で新しく自分で集客してくるよりも、そのプラットホーム内にいる顧客を囲い込んだ方が成果までのスピードを高めていく事が出来ます

最近、様々なプラットホームがリリースされていて、それぞれのプラットホームがビジネスとして成り立っているという事はプラットホームを介したインターネット上での売買が一般化され、需要と供給がマッチしているという事が理解できますよね?

以下、私がリサーチしていて伸びてきているプラットホームとその特徴をまとめておくので参考にしてみてください。

 

 

 

ココナラ

最近、一部の地域ではCMで見た事があると聞いた事があります。

それだけ認知度が高まってきていて、これからまだまだ伸びてくるプラットホームだと思います。

ココナラでは「占い」などのジャンルが爆発的に売れていく珍しいプラットホームで、他にもビジネス系ジャンルや悩み、問題解決系など様々なジャンルで取引されている事が確認する事ができます。

私も実際に実践していて、実戦から約2カ月くらいで累計8万円くらいの収益可が自動的に上がってきています。

 

 

もし、あなたが得意なジャンルがココナラ上で需要がある事が確認でき、「簡単な副業程度で月に3万円程度を1ヶ月で稼ぎたい」という目標があるのであれば着手する事をオススメしておきます。

私の場合はココナラだけに労力を注いで力を入れるという訳ではなく、メインの事業の為にコンテンツを作成し、ついでにココナラにも入れるというやり方を取っています。

出来るだけ労力やリソース(時間、労力、お金など)を分散しないように、簡潔にできるやり方を取っています。

もし、このようなニーズにマッチする人はぜひ、やってみると良いと思います。

→ こちらからココナラサイトに飛べます

 

 

 

Udemy

 

Udemyはもともとアメリカで生まれた動画教育プラットホームでしたが日本ではあのベネッセが運営しています。

動画コンテンツをコースとして登録し、様々な専門的なスキルを身に着ける事ができるとニュースでも取り上げられるほど話題になっています。

特に「デザイン関連」や「プログラミング関連」のコースが人気なようで、この辺りの分野が得意な人はUdemyの実践を行ってみると良いかと思います。

もちろん、それ以外のジャンルやテーマでも売れる事は確認できています。

私もビジネスに関するテーマの動画コースを1つ登録してみましたが、ちゃんと売れました。

私の知り合いの起業家さんはビジネスのテーマで300本以上のコースを販売しているので、動画コンテンツを作るのが得意な人はぜひチャレンジしてみると良いと思います。

→ こちらからUdemyサイトに飛べます。

 

 

 

 

 

 

インターネットビジネスで結果を出す為の向き合い方

 

あなたがインターネットビジネスに対してどのような印象をお持ちかはわかりませんが、この業界は「楽に稼げる」とか「簡単にできる」というイメージが先行されがちな業界でもあります。

ただ、普通に考えて欲しい事はお金を稼ぐという事は「仕事をする」という事なんですよね。

つまり、一般的に言えば朝会社に出勤して8時間しっかりと業務を全うし、人によれば2時間から3時間くらい残業を行い、そこから自宅に退勤する。

いわばこのイメージの「仕事」となんら変わりはありません。

何が言いたいのかと言うと、この仕事と同じ基準値でインターネットビジネスの作業に取り組めるかどうか?結果や成果の違いはこの辺りの違いだと言いたい訳なんです。

もしかしたら、あなたがイメージしているような夢をぶち壊してしまうかも知れませんが、今大きく稼いでいる個人や企業さんの中で「適当」や「簡単」に作業に取り組んでいる所はありません。

いくら仕組みやシステムを使い自動的に動かせる部分が多いと言えども、時代が変化すれば、顧客が求める事も変化してきます。

特にインターネットは取り組むのにコストがかからない分、変化や流れも非常に速いです。

なので、一度稼げるようになったからと言って油断しているとすぐに衰退していきますし、実際に1年、2年で消えていく起業家さんも多いです。

もちろん、あなたも単発的に稼ぎたいと考えているのではなく、継続して安定して稼いでいきたいと考えているはずです。

インターネットビジネスは誰かに作業を強要される訳でもなく、会社に出勤する必要もなく、自宅でいつでも自由に作業する事ができます。

私は出先にてスマホを使って作業する事も多いですが、インターネット環境さえあれば、どこでもあなたの意思やタイミングで仕事をする事ができます。

それ故に、「自分の意識」をしっかりと持ち、仕事として継続性を維持しながらモチベーションも維持していく必要があります

普段の会社勤めをしているなら、必ず仕事に取り組まなければいけません。

この強制力があるからこそ仕事に取り組める人が多く、個人のインターネット事業になった途端、全く作業を継続する事ができなくて、夢半ばで消えていく人も非常に多いのが現実なんです。

しかし、逆を言ってしまえば、仕事として当たり前のように継続性を持ってやれさえすれば、その時点で自動的に勝ち組に入る事ができるようになるのもこの業界の特徴でもあります。

だからこそ、「仕事」としてインターネットビジネスに向き合う事が重要なのです。

言っている事はごく当たり前の事ではありますが、成功とはこの当たり前の事をどれだけ積み重ねるのか?その先にしかないのです。

「小さな事を積み上げる事」こそが大きな事を成し遂げるための最善の近道と知ってください。

 

 

 

 

インターネットビジネスにおけるデメリットやリスク

 

最後に、インターネットビジネスにおけるデメリットやリスクについてもまとめておきたいと思いますが、少し御幣を招くかも知れませんが、私はインターネットビジネスにチャレンジする事においてデメリットやリスクなんてないと思っています。

特に大きな資金がかかる訳でもありませんし、副業でチャレンジする事もできますし、借金をする必要もありませんので、冷静に考えてみてもリスクなんて一切ないんです。

しいて言うのであれば、「失敗すればそこに時間や労力を使ってしまう事」くらいですかね?

例えば、数百万円から数千万円単位で借金を背負わなければ、チャレンジする事ができないというのであれば確かにリスクは存在するでしょう。

ただ、インターネットビジネスの場合、最初は無料で行う事もできますし、お金をかけたとしても数万円程度で済みます。

しかも、その数万円ですら、インターネットにあるサービスをちょこっと利用するだけで、すぐに作る事もできます。

こんな状態でリスクと言えるでしょうか?

どちらかと言うとチャレンジしない事においてのリスクしかないと私は考えています。

もちろん、人によって考え方は様々だと思うので、私の考え方を強要するつもりは全くありませんが、インターネットビジネスは人の人生を大きく変える可能性は十分に秘めています

インターネットビジネスをきっかけにして、人生を大きく変えた人など腐るほど存在しているからです。

その可能性をたった数万円の投資で得られる可能性があるのであれば、チャレンジしない事の機会損失の方が大きいと思いませんか?

もし、誰かに習う為に教材やノウハウを買ったとしても、30万から100万円程度の投資で済みます。

と言うより、インターネットビジネスにおける失敗とは「あきらめる事だと私は定義しているので、そもそも失敗の概念がないビジネスだと思うんですよね。

私も最初はビジネスに資金を使う事に対して抵抗が強い人間だったのですが、よく考えてみるとビジネスにお金を投資しなくても、元手に残るお金って全くなかったんですよ。

つまり、遊びや飲みなど「本当の意味で無駄な事にお金を使い続けている」とお金の使い方を改め、「どうせ、なくなるものならば・・・」くらいの気持ちで最初のノウハウを買った思い出があります。

そう考えるようになって毎月1万円くらいビジネスの為の投資金として使うようになりましたが、その結果、生活レベルは特に変化はありませんでした

まぁ当時私がリスクだと思っていたリスクとは「その程度」の事なんですよね。

だから、やらない事の方がリスクが大きいとだけ頭に入れてくれれば良いかなと思います。

ちなみに、1つ格言を申しておきますと、あなたが今からインターネットビジネスにチャレンジしなかったとしても、その市場は必ず誰かが取るので、ビジネスだから確実にチャレンジすると上手くいくと断言はできませんが、その可能性にかけれなければチャンスはないとだけお伝えしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

▲トップへ戻る