アフィリエイトで置き換えて考えてみる

 

 

こんばんは北野です。

 

マーケティングメルマガ

募集今日で最後となります。

http://assert-ex.com/fx/df0kDD

 

 

あんまり強くオススメとか

したくはないので

とりあえず今日で募集は最後としますね。

 

今後はこちらに登録頂いた方を

対象に情報提供していきます。

 

 

 

で、アフィリエイトだから

マーケティングはあんまり関係ない

って思ってる方があまりにも多いので

今日は軽く説明しておくと

 

自分がアフィリエイトで扱う商品の

コンセプトやターゲットって誰?

 

って話から

入って行くことになるんですが

 

 

これ代理店であっても

集客の入口のコンセプトは

揃えていた方が良いんです。

 

 

理由は簡単で

セールスまでの距離感が近いからです。

 

 

 

つまり、集客の段階で

アフィリエイトする商品の

コンセプトを揃えて集客しておけば

その後のアプローチはかなり楽になり

特に難しいセールスも不要になります。

 

 

で、問題はここからで

どうやって扱う商品の

コンセプトを見抜くの?

 

って話ではありますが

ここにマーケティングのスキルが

要求されて来ます。

 

 

私もAK倶楽部のコンセプトを

作成して行くのに

どっちかというと

ここにかなり力を入れてたんですよ。

 

 

私の強みから

ライバルから

市場から

顧客のニーズやインサイト

 

かなり具体的に掘り出し

1ヶ月近く時間をかけて考え抜いていました。

 

 

はっきり言って今も

確実に決まってる訳でなく

これから数値を算出し

ブラッシュアップもしていきます。

 

 

てか、ビジネスは

常にそういうものなんです。

 

 

これも裏的な話になりますが

ビジネスを開始したての人が

最初の数年くすぶるのは

まさにコンセプトがはっきりと決まらないからです。

 

こういうのは1年、2年と

じっくり腰を据えつつやって行くものなのです。

 

 

稼いでいる人はそのくらい

しっかりとコンセプトメイクしてます。

 

 

で、集客が難しいとか

セールスが難しいとか

 

初心者からすると

この辺が難しいように思えるけど

 

実はここではなく

大元のコンセプトメイクが

かなり難しいんですよ。

 

むしろ、ここが曖昧というか

むしろ、何となくな感じでやってしまう初心者が多く

これが集客とセールスを難しくしている大きな原因です。

 

 

逆を言えば

「アフィリエイトしようとする商品」

 

これが売れている商品であるなら

コンセプトメイクは

販売者側でかなり練りこまれている訳です。

 

そして、それを詰め込むのが

あなたもご存知の通り

セールスレターと言われるモノです。

 

 

と言うことは

マーケティングが出来さえすれば

 

アフィリエイトする商品の

セールスレターを見ただけで

 

・商品コンセプト

・ターゲット、顧客層

・ニーズ、消費者インサイト

・企画コンセプト

これ全部わかる訳です。

 

 

これがわかると言うことは

どんなプレゼント用意するか?

集客コンテンツは何を書くか?

どういうアプローチがいるか?

 

全部決まる訳です。

 

 

後はあなたから買う理由を

圧倒的にする為の特典群の数々を用意する。

 

これでアフィリエイトは

ある程度上手くいくようになります。

 

 

そもそも、アフィリエイトって

・在庫を持たない

・利益率が高い

・商品もいらない

・小資本で始められる

 

という画期的すぎる

ビジネスモデルであるので

稼げない事が普通ありえないビジネスなんですよ。

 

 

ここまで文書書いてて

私自身アフィリエイトしたくなりますしね。笑

 

 

これで何で上手くいかないの?

って考えたら明らかに

マーケティングの能力が

枯渇しているとしか言いようがない。

 

 

マーケティングは

見込み客を集めてくる技術と考えれば

しっくり来ますよね?

 

 

見込み客を集められないから

アフィリエイトでも上手くいかないのです。

 

 

つまり、アフィリエイトでも

マーケティング能力は必須になる。

と言える訳です。

 

 

とは言っても

マーケティング能力って

教えるの難しいし

それを実践レベルで落とし込むには

それなりの実践量も必要です。

 

でも、そんなもの

いちいち1個ずつやってられないですよね?

 

 

だからこそ、

色んな方向から解釈された

文書を考えながら読む。

 

 

これがマーケティングを鍛える上で重要なのです。

 

簡単に言うと模擬練習みたいなもので

私の文章を読むことにより

様々な事例やケースを連想する事が出来るでしょう。

 

この場合こうするだとか

この場合これも出来るだとか

 

こういうのをいくつ見るか?

 

 

つまり、引き出しとして知っているか?

 

 

これの積み重ねにより

マーケティング能力は向上するものです。

 

 

つまり、私のメルマガを

「読むだけでマーケティングのスキルが身につく」

 

ってこれキャッチでも何でもないです。

事実です。

 

 

だから読み流す人は意味がないし

飛び飛び読んでも話も繋がらないわけ。

 

 

そもそも何が良いのかも

感じられない方は

もう少し初歩的な人から

習った方が良いかもね。

 

 

という理由で

こうして限定してるわけです。

 

 

何となく意図を

感じ取って貰えましたか?

 

 

ひとまず今日最後です。

 

http://assert-ex.com/fx/df0kDD

 

本日もありがとうございました。

北野

 

 

カテゴリー

▲トップへ戻る