大別される2種類の媒体

 

アフィリエイトできる媒体はインターネット上にあるメディアに限られます。

 

「無料ブログ」

「サイト」

「メルマガ」

「SNS」

「アプリ」

 

などインターネット上にあるメディアを1つでも所有していれば

そこにアフィリエイト広告を入れる事によって広告収入を得る事ができるようになります。

 

インターネット上にあるメディアには

それぞれの特徴があり

「待ちの媒体」(=トラフィックビジネス)

「攻めの媒体」(=リストビジネス)

2種類の特徴をもったメディアに分かれ、

 

「ブログ」「SNS」「アプリ」など

アクセスを呼び込むタイプの媒体を扱うビジネスをトラフィックビジネスと言い、

 

メルマガのように

こちらからアプローチする事ができるタイプの媒体を使って行うビジネスを

リストビジネスと言います。

 

それぞれのビジネスの特徴を解説していくと

「待ちの媒体」(トラフィックビジネス)の場合は

 

相手に行動をゆだねてしまう部分があるので

ビジネスの優位性という観点から見てみると不利になります。

 

 

しかし、一度コンテンツとして公開していると長い期間、

自動的にアクセスに対しアプローチしていく事ができるといった特徴があります。

 

 

一方「攻めの媒体」(リストビジネス)は一度顧客情報を保有し

自らのタイミングで顧客に対しアプローチしていく事ができるので

ビジネスにおいての優位性はかなり高く、

メールという即効性があるのでタイムリーな情報の配信にはもってこいの媒体になります。

 

しかし

1つのメール文で長い期間アプローチする事が出来ない為

それがリストビジネスのデメリットとなります。

 

 

どちらのタイプの媒体もそれぞれメリットとデメリットがありますが、

双方の媒体を効率よく連動させていくと最大の効力を発揮する事ができるようになり、

それがアフィリエイトで稼ぐためのコツとなります。

 

 

 

 

 

カテゴリー

▲トップへ戻る