グーグルのSEO集客を制するのはたった1つの意識だけ・・

 

今回はGoogleの検索エンジン対策である

SEO対策について少しお話していきます。

 

SEO対策をする目的として

「集客」だと思います。

 

サイトにアクセスを多く集めて広告効果を高めていったり

サイトのアクセスをメルマガへ誘導していったり

アクセスさえ集める事さえできればビジネスが大きく動き始めます。

 

「アクセスはあるが収益がでない」

という状況になる可能性も少なからずありますが

 

アクセスすら集められなければ収益に繋げる可能性すらないので

最初にぶつかる問題点として「集客」は欠かせない要素になります。

 

「集客」さえクリアする事ができれば

数字を見ながら修正を加えていく事が可能になるので

後からどうにでもマネタイズしていく事は難しくありません。

 

最初はとにかく「集客」に着力していきましょう。

 

そこで今回はSEO集客について解説していきます。

 

 

SEO対策の種類

 

SEO対策とは簡単に説明すると

検索エンジン上で上位表示するスキルのことを指します。

 

大まかに分けると

 

内的SEO対策

外的SEO対策

 

の2種類があり

サイトの内部から仕掛けていく方法と

サイトの外部から仕掛けていく方法の2つに大別されます。

 

一昔前ではこのSEO対策を少しばかり強引に仕掛ける事で

自分のサイトを上位に持ってくることができていました。

 

しかし、

現在ではグーグルのサイト評価基準(アルゴリズム)が変化し

強引なSEO対策を仕掛けているサイトだけでは

上位表示できない時代になってきました。

 

Googleの検索エンジンの本来の目的としては

検索したユーザーに最も適したサイトを表示する

という部分が目的である為

 

表面上のSEO対策だけ偽装されたサイトを上位表示する事は

Googleの本来の意向とはかけ離れている事になります。

 

 

もちろん現在も通用するSEO対策はありますが

昔のような画期的な効果はなく

 

重要となるポイントは価値のあるコンテンツがあるかどうか?

 

ただこの1点だけであります。

 

詳しくは後ほど解説しますが

まずはSEO対策の基本をおさらいしておきましょう。

 

 

内的SEO対策

 

サイトの内部から施された対策を内的SEO対策と言います。

 

テンプレート構成

スマートフォン対応

内部リンク数

コンテンツの内容

記事タイトル

サイトタイトル

タイトルと記事のマッチング

 

具体的な内的SEO対策はこの辺りから仕掛けていく方法になります。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

 

テンプレート構成

 

HTMLやCSSといったプログラムの部分から

内部リンクを多くするようなSEOに最適な構成があります。

 

こちらの方は初心者が1から対策していくのは難しく

ほとんどの場合はもともと作成されている

テンプレートを使用する事によって解決していきます。

 

 

スマートフォン対応

 

今や検索エンジンからの流入キーワードは

過半数以上がスマートフォンからのアクセスを占めています。

 

その為ユーザーから見て

適切な表示を自動的に行う

レスポンシブ対応がされているサイトを

優先的に上位表示されるようになってきています。

 

Google自体がこの意向を示しているので

今後レスポンシブ対応は必須な条件になってくるでしょう。

 

 

※以下私のとあるサイトのデバイス別のアクセス

スマホアクセス(青)80%占めてます。

 

 

 

 

内部リンク数

 

サイトの内部と内部を繋ぐリンクの事です。

 

関連性の高い記事や同じカテゴリー同士の記事を

繋ぐことにより自分のサイトの滞在時間を伸ばす効果があり

 

【内部リンクが多い=コンテンツが豊富】

 

と検索エンジンに認識してもらえるようになります。

 

 

コンテンツの内容

 

記事ボリュームや記事の内容になります。

 

1記事100文字と1記事10000文字では

どちらの方がユーザーにとって有益な情報になるか?

 

そこを考えていくとあきらかに後者の方が有益な情報とみなされます。

 

あとは

画像を使ったり文字色を入れたり、見出しタグを使ったり

ユーザーにとって見やすいように工夫する事も大切です。

 

 

記事タイトル

 

アクセスを集める為には最も重要な要素の1つを占めます。

 

いくらサイトのコンテンツが良かったとしても

全く意味のないサイトを上位表示するわけにはいかないので

 

記事タイトルと検索キーワードとのマッチングは

上位表示していく基準として最も重要なポイントとなります。

 

 

サイトタイトル

 

記事タイトルと考え方は同じで

検索キーワードとサイトのタイトルがマッチする方が

上位表示されます。

 

ただ記事タイトルとの違いを言うとすると

 

サイトのトップを上位表示するのか?

記事自体にアクセスを集めてくるのか?

 

このポイントが若干違います。

 

 

タイトルと記事のマッチング

 

記事タイトルと記事の内容が全くマッチしていない・・・

 

こういった事になると

ユーザーの求めている情報とマッチングしないので

検索エンジンからの評価はマイナスになってしまいます。

 

 

1つ例を出すと

 

「転売とアフィリエイトはどちらからやるのがおすすめか?」

 

といったタイトルに決めているのに

記事の内容が「転売仕入れ」の記事だった場合

ユーザーの悩みと直結しませんよね?

 

「転売とアフィリエイトをどちらから開始するのが良いのか?」

 

この情報を求めているのであって

「転売仕入れ」について知りたい訳ではないはずです。

 

 

もちろん間接的にユーザーのニーズに当てはまる事はあるかもしれませんが

すべての記事が当てはまり続けるという事は絶対にないでしょう。

 

 

 

外的SEO対策

 

サイトの外部から施していくSEO対策です。

 

被リンク

相互リンク

サテライトサイト

ソーシャルブックマーク

 

などいわゆる外部からリンクをされているという部分です。

 

それぞれ簡単にまとめると

 

 

・被リンク

自分以外のサイト運営者からリンクをしてもらえる事。

リンクを送ってくれる人のサイトが強ければ強いほど

良いサイトとみなされる傾向があるようです。

 

 

・相互リンク

他のサイト運営者とお互いにリンクし合う事。

相互リンクし合う事でお互いのサイトの被リンクを増やそうという事です。

 

 

・サテライトサイト

メインサイトに被リンクを送る為に無料ブログなどを解説し

自作自演で被リンクの数を増やしていくという方法。

 

一昔前まではかなり通用していた手法にはなりますが

最近は中身のないサイトからの被リンクは逆効果になる事も・・・

やっても良いですがやりすぎは禁物なようです。

 

 

・ソーシャルブックマーク

ソーシャルブックマークに登録する事で

被リンクを増やしていくという方法になります。

 

Googleのページランクがあった時には

ソーシャルブックマークのページランクが高かった為に

それなりに効果が発揮できていたが

現在はそこまで大きな効果は見込めない様子。

 

ただしソーシャルブックマークからのアクセスが

見込める可能性があるので初期の段階で1アクセスでも集めたい場合

やる価値は大いにあるかもしれません。

 

 

最重視していくのは?

 

これまで

内的SEO対策と外的SEO対策について解説してきましたが

あなたがこれから行っていくSEO対策はたった1つだけです。

 

難しく考えないでください。

 

シンプルで良いです。

 

それは

 

【有益な記事をひたすら書いていく】

 

これだけに集中してください。

 

ひたすらサイトタイトルや記事タイトルにあった有益な記事を

更新し続けていく事。

 

これが現在における最有力なSEO対策になります。

 

有益なコンテンツはユーザーにとって非常に価値の高いコンテンツになります。

 

コンテンツに価値がある記事は

自動的にシェアされ拡散されていきます。

 

結果

 

記事は読まれ

自然な被リンクも増え

さらに多くのアクセスが集まるようになってきます。

 

有益なコンテンツを出し続ける事により

自動的に効果的なSEO対策が施されるようになっていくという事です。

 

 

ここだけに集中してやってみてください。

 

 

カテゴリー

▲トップへ戻る