集客する為のサイトを構築する手順

 

今回は集客してくるために

どういう狙いでサイトを構築していくべきなのか?

 

そのあたりを解説していきます。

 

市場リサーチ

 

まず集客をしてくるために大切な考え方としては

 

【どうやって売り上げを繋げていくのか?】

 

といったビジネスの構成をまずは考える事です。

 

 

1.何を販売(アフィリエイト)するのか?

2.その商品を求めている顧客のニーズ

3.どの媒体で販売するのか?

 

といった部分をまずは考えていく事が重要です。

 

 

 

1.何を販売(アフィリエイト)するのか?

 

売りたい商品をまずは明確にしないと

集客コンテンツやアプローチそのものを

構築していくのは難しくなります

※というよりはできない

 

売りたい商品(ゴール)を先に決めないと

何事も目的地にたどり着くことは絶対にありません。

 

ゴールが決まっていないマラソン

 

をしているような状態と同じ状態になります。

 

ゴールという目的地があるからこそ

どの方向に進んでいきどのルートを通っていくのか?

そこが明確になってきます。

 

すべては目的地(ゴール)からの逆算で

ビジネスを構築していきましょう。

 

 

 

2.その商品を求めている顧客のニーズ

 

売りたい商品(アフィリエイト)を決める事ができれば

次は顧客のニーズを探っていきます。

 

誰かが商品を開発するという事は

必ずターゲットとする顧客が存在します。

 

セールスレター

商品販売者のコンテンツ

 

などを良くリサーチし

どんな層をターゲットとしているのか?

 

そういった部分をリサーチしていきましょう。

 

顧客のニーズを理解する事ができれば

ニーズにマッチしたコンテンツ作成をしていく事ができるようになります。

 

 

基本的な考え方としては

 

【顧客のニーズに対して商品を当てて行く事が大前提】

 

になります。

 

 

 

 

3.どの媒体で販売するのか?

 

 

1.サイトの中で販売してしまうのか?

2.レビューページやキラーページに飛ばして販売するのか?

3.メルマガへ集客しメルマガ内で販売していくのか?

 

どういった媒体で販売していくのか?

 

ここによって構築するべきサイト構成や

ライティングアプローチを変えていく必要性があります。

 

私がおすすめする方法としては

やはりメルマガへ一度顧客リストとして獲得していき

メルマガの中で商品を販売していく

 

といった流れを作るのが良いと思います。

 

基本的にサイトに限らずですが

他メディアからは基本的にメルマガという

独自のサービスに顧客リストとして保有する形で

ビジネスをしていく方が好ましいでしょう。

 

 

 

検索ボリューム

 

市場のリサーチができたら

キーワード選定に入っていきますが

 

最初にキーワードのボリュームを調べましょう。

 

検索ボリュームが多いキーワード=上位表示に時間がかかる

検索ボリュームが少ないキーワード=すぐに上位表示できる

 

基本的にはこのような考え方で良いと思います。

 

・多すぎてもダメ

・少なすぎてもダメ

 

検索ボリューム的に言えば

【1000~1万】くらいの検索ボリュームのキーワードあたりを

狙っていくと良いでしょう。

 

詳しくはこちらの記事でも説明しています。

⇒ http://mistolthin.xsrv.jp/archives/1572

 

 

 

キーワード調査

 

キーワード調査をするときに重要なのが

多くのキーワードを抜き出してくるという事です。

 

検索ボリュームの方で

【1000~1万】くらいの検索ボリュームを狙う場合

【1000~1万】くらいのキーワードを数多く抜き出してください。

 

 

多くのキーワードを抜き出すことができれば

次で説明するライバル調査の方で1つずつサイトの方を見ていく事になるのですが

 

上位表示できるキーワードを見つけ出す可能性を高められますし

サイト記事を更新していく際に

 

サイトを書いていく記事のネタにもなるので

多くのキーワードを「メモ帳」などに抜き出してみてください!

 

 

 

 

ライバル調査

 

たくさんのキーワードを抜き出すことができたら

実際に1つずつサイトを見ていきます。

 

キーワードを検索した際に見ていくポイントとしては

 

 

1.広告が表示されているかどうか?

できれば広告が表示されていないキーワードがベスト

 

2.上位表示しているサイトに無料ブログ等があるのか?

無料ブログがあれば上位表示されているサイトが強くない可能性が高い

 

3.サイトのトップページが上位表示しているか?それとも記事が表示されているのか?

サイトのトップページよりも記事が上位表示している方がチャンスは大きい

 

4.実際にサイトの中身をみて作りこまれているサイトかどうか?

あまりにサイトが強すぎる場合はできるだけ避けた方が良い

 

こういったあたりを実際に見ていくようにします。

 

 

実際にサイトをリサーチしてみて

確実に狙えそうなキーワードを狙っていくと良いでしょう。

 

2個3個と見つけられた場合は

サイトを2個3個と作成していくのも良い手ですね。

 

 

 

 

キーワードの拡張・横展開

 

ここからはある程度成果が出始めてからのお話になりますが

 

アクセスが集まっているキーワードや

アクセスが集まっているサイトなどを参考にして

 

サイトを横展開していったり

キーワードを横展開していくようにしていきましょう。

 

ある程度上手くいった事例があれば

上手くいった成功事例をそのまま横展開していく事で

 

次に作成するサイトの成功確率を高めていく事が可能になります。

 

根本的にどんなジャンルでも充てる事ができるようになる

実力を身につけている場合は別ですが

 

できれば全くの別ジャンルや別案件などを扱っていくよりも

成約が出ている案件やジャンル、類似したキーワードで

別のサイトを構築していく方が成果に繋げられる可能性が大きく高まっていきます。

 

 

失敗した場合は失敗をした要因を考え

成功した場合も成功した要因を考える事で

 

マグレ辺りではなく狙って成功させていく事ができるようになりますよ。

 

 

 

 

 

カテゴリー

▲トップへ戻る